ページトップへ

カード機能比較表

ゆとりと信頼の証、みずほ銀行カードローン
<金利年2.0%〜14.0%>ご利用限度額は最大800万円。
キャッシュカード1枚でローン機能が利用できるので便利です!

みずほ銀行のATM および提携金融機関のATM、CD
※利用可能なATMは、「Enet」「ローソンATM」「セブン銀行」マークのあるATMとなります。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※学生、主婦を除く、安定した収入のある方のみお申込頂けます。

実質年率 最高限度額 審査スピード コンビニ対応
年2.0%〜14.0% 最大800万円 公式サイト参照 対応コンビニ
借入までの目安 来店 保証人 パート・アルバイトの借入
公式サイト参照 不要 不要 △ ※

公式サイトへリンクしますので
安心してお申込みいただけます

お申込みはこちら

業界屈指の好金利!ご利用限度額最高1,200万円!借入までWEB完結可。全国のコンビニATMで借入返済できて便利。借入時・返済時のご利用手数料は、いつでも何度でも0円。

イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM

※最低金利の年0.99%は所定条件を満たした場合の金利です

実質年率 最高限度額 審査スピード コンビニ対応
0.99%〜14.79% 1,200万 公式サイト参照  対応コンビニ
借入までの目安 来店 保証人 パート・アルバイトの借入
公式サイト参照  不要 不要

公式サイトへリンクしますので
安心してお申込みいただけます

お申込みはこちら

三井住友銀行カードローン

≪三井住友銀行カードローン≫なら、金利 年4.0%〜14.5%(変動金利)。10万円〜最高800万円までお申込可能。
来店不要!お借入やご返済は、コンビニのATMが便利

三井住友銀行、コンビニ、郵便局、提携機関等のATMで利用可能

実質年率 最高限度額 審査スピード コンビニ対応
4.0%〜14.5% 10万円〜最高800万円 公式サイト参照 対応コンビニ
借入までの目安 来店 保証人 パート・アルバイトの借入
公式サイト参照 不要 不要 △(※原則安定した収入のある方)

公式サイトへリンクしますので
安心してお申込みいただけます

お申込みはこちら

【40-50代男性にオススメ!お子さまの教育資金・リフォーム・お引越しの資金にもご活用可能!】 業界最低水準の金利。来店・口座開設不要。
提携ATM手数料が終日0円!

三菱UFJ 銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・西日本シティ銀行・セブン銀行・E-net・ローソンATM・イオン銀行

実質年率 最高限度額 審査スピード コンビニ対応
1.7%〜17.8% 800万円 - 対応コンビニ
借入までの目安 来店 保証人 パート・アルバイトの借入
- 不要 不要 ○(※学生を除く、毎月安定した収入のある方)

公式サイトへリンクしますので
安心してお申込みいただけます

お申込みはこちら

ページトップへ

カードローンの豆知識

ローンの金利は信用度に応じて決まる

銀行などの金融機関がお金を貸し出す時の金利を貸出金利と言います。この金利って、どうやって決まると思いますか?今日は、金利の仕組みについて考えていきましょう。

銀行が皆さんに貸し出すお金は、銀行が自分で印刷しているわけでも、金庫に無尽蔵にお金が眠っているわけでもありません。銀行は預金者からお金を預かったり他の金融機関からお金を調達したりして集めたお金を、お金を必要としている人や企業に貸し出す業務をしています。そこで働く人のお給料や店舗などの設備維持費用もまかなう必要があるため、一般的にお金を預かった時の預金金利よりも、お金を貸し出すときの貸出金利の方が高くなります。

では、お金を貸し出すとき(私たちから見ると借りるとき)の金利はどうやって決まるのでしょうか?それはズバリ、借り手の信用度で決まります。会社員として安定収入があり、マイホームの住宅ローンもきちんと返済しているAさんと、住所も転々としていてキャッシングやクレジットカードの返済が遅れた履歴もあるアルバイトのBさんでは、どちらが信用度が高いでしょうか?きっとちゃんと返済しそうなAさんの方が信用できますよね。したがって、信用度の高いAさんの方が、Bさんよりも低い金利でお金を借りられる可能性が高くなります。

金融機関は、お金を貸すときに審査を行います。住宅ローンや自動車ローンなどのように使う目的を定めているローンでは低金利でお金が借りられますが、審査の項目も多くなり、貸出基準も厳しくなります。一方で、キャッシングやカードローンなどのように、比較的簡単な審査で借りられるというものでも、「年齢」(身分証明書が必要です)、「職業」(勤務先に在籍確認の電話が入ります。自営業者は所得証明を提出することも)、住居(転居の可能性が低いため賃貸よりも持ち家の方が信用度が高い。)と、他の借入状況や過去の返済履歴について調べます。

お金を貸すかどうかの基準は金融機関によっても異なります。自分が借りられそうな金融機関の中で、最も条件がいいところを選ぶようにしましょう。

ページトップへ